image02

オープニングスタッフのアルバイトというと専門のスキル無しで簡単にする事が出来るので誰にも人気ですね

img

オープニングスタッフのアルバイトというと専門のスキル無しで簡単にする事が出来るので誰にも人気ですね。ほとんどのアルバイトは専門のスキルを持たなくても、出来る事が魅力です。逆に専門的な仕事をしたい時は、インターネットの検索サイトで検索すると複数ヒットします。仕事により、勤務している間に資格などを取れるものもあるので、細かく確かめるといいですね。ネットだと時給のほかに色々な条件を詳細にチェック可能なのがメリットでしょう。

アルバイトを探す時に大切なのは、勤務地の場所です。大抵のアルバイトはほぼ時給を採用していますね。だから、純粋にアルバイト先の仕事時間以外に、アルバイト先に行くまでの時間も含めないといけません。例えば通常のアルバイトより良い時給でも、自分の家からアルバイト先まで行くのに片道一時間かかったとしたら、その二時間も合算した拘束時間から時給に換算してみます。すると、意外と低い時給になってしまいます。従って、アルバイトの勤務地も念頭においておくことがポイントです。

アルバイトの面接の時の格好で悩みますよね。普通は私服でOKなアルバイトが多いですが、塾の講師や家庭教師、オフィスでのアルバイト、受付事務などについては、スーツやシャツ、襟付きの服を着ておけば好感を持たれます。そして、アパレルショップなどのアルバイトであれば、そのお店のイメージに合うファッションがベターでしょう。どういったファッションでも、だらしないのはおすすめできません。手入れの行き届いた身だしなみでアルバイト面接に臨みましょう。

アルバイトの履歴書には何を書いたら良いかご紹介します。よく悩むのが、志望動機や自分の性格についての項目ではないでしょうか。この部分には、奇をてらったりせず、希望する仕事内容に応じて平均的な内容を記すのが無難でしょう。飲食店なら色んな人と交流したいといった趣旨や、マナーを学びたいとかだと違和感がありません。大きな問題が無いなら、シフトに多く入れるなど、仕事場の都合と合うことが大切です。ですので、それほど気負い過ぎず、丁寧に書くことに気をつけたら大切です。